忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/07    06«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
1月のブログで書きました、Smile Function Decoder Light(妄想)ですが、
回路、パターン共にいじっておりました。
途中出張等が続き何もできませんでしたが、3月に入ってから自宅に戻ってきましたので
さらに妄想を広げました。

■コンセプト
SmileFunctionDecoderLight
4FX ファンクッションデコーダー
(室内灯、パンタスパーク、ヘッドライト、テールライト)または
(室内灯、車掌室、ヘッドライト、テールライト)
室内等は調光不可、PWMによる調光2ch,ON/OFF1ch

ArduinoベースのDCCファンクッションデコーダなので自由にカスタマイズ可能

デコーダー取り付けは、半田面側に両面テープを貼り付けて、車両の天井に貼り付けます。
大きさ 7.8mm x 100mm x 0.8mm
基板をカットして長さ調節可能 51.5mm,66.9mm,82.7mm,100mmの4段階
※最小にするとBトレインに内蔵可能
※長さを調整するとFETドライブ回路が使えなくなります。
ほとんどの部品を部品面に実装
(コンデンサが4つほど半田面にいますが・・・調整部品です)
12V系と5V系にそれぞれ30uFのコンデンサ搭載
スプリング集電できるようにパターンを用意(なんとなくTOMIXに対応のつもり)
■わかっている課題
・切断寸法がばらばらなのですが
 →パターンが引けなかったし、修正できませんでした。
・DCC信号受信回路に保護用ダイオードが無いのですが
 →ダイオードを実装するスペースがありませんでした。
・DS1 MB14S,AP2204K-5.0,DMN3023L-7と見慣れない部品を使っているのですが大丈夫でしょうか。
 →わかりません(^^;
    チェックしていただけると助かります。設計上いけるはず。
・100mmって短く無いですか?
 →150mmにすると設計コストが$16 upなので・・・
・キープアライブコンデンサ用のスルーホールが無いですか?
 →スルーホールが確保できなかったので、PADを用意しました。
 →12Vを強化するのか、5V強化するのかどっちが良いのでしょう?(両方できるようにしました)
・スプリング集電?
 →DCC信号にスプリング(インダクタンスなので)で集電って成立するのか?
・LEDは素性が怪しいebayなのですが
 →LEDはMouser,Digikeyで買うより格段に安いので
・配付時のお値段は?
 →案外たかくて(^^;
       SmileFunctionDecoderにテープLED使った方が安上がりですw





 






拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]