忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/07    06«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
やっぱり、モーターに印可する電圧を下げたほうが回転が抑えられますので、
両端に10Ω付けました。
もうちょっと付けても良さそうです。

ゴードン用SLスケッチを試してみました。いい感じですね!

動画は頑張って、ゆっくり音声で解説付きにしてみました。

■動画で使用しているDCC機器
 Smile Decoder Tester

拍手[2回]

PR
TOMIX の M-9(タイプ7)が手に入りました。
想像していたものより小さかったです。
HO用のモーターがよかったかな?



デコーダテスターに配線を接続して、モーターはタイラップで固定ました。
デコーダーはSmileDecoderをOneCoinDecoderソケットに接続します。
いざ回してみると!?



無負荷なので、すごい回転で回ります(^^;
回転を抑える為に負荷が必要ですね。
機械的な負荷は難しいので、電気的に負荷を掛けたいですが、どうしたらいいのかな。


拍手[0回]

デコーダーテスターボードには、機能がいろいろあって、
わかりにくいので、ドラフト版の取り扱い説明書を上げました。


LEDの配色は上図の様になっています。

取り扱い説明書はこちら



拍手[1回]

まだやっています(^^;

MP3サウンドデコーダを接続してみました。
左が前進、右が後進です。
ファンクッションのLEDが変わるのと、モーター回転方向LEDも変わります。
  

NEM651(2.54ピッチ)に、SmileDecoderを接続


OneCoinデコーダーを接続


永松システムのDF19x4ss

デコーダのLEDは12V系統なのですが、5V用LED端子に接続しても
明るいだけで問題ありません。
12Vが共通なので、ジャンパしています。
..

サージカルルーペだんだん距離感が慣れてきましたw。


参考配布価格(予定)
USB-UART BOARD、AMP回路、電流モニタ回路、ブレッドボード部、電源部
モーター無しタイプ
キット2500円、組み立て動作確認済み3500円

USB-UART BOARD、AMP回路、電流モニタ回路、ブレッドボード部、電源部
モーター、スマイルライタ無しタイプ
キット2000円、組み立て動作確認済み3000円

NEM651/652 は良いコネクタがないので未実装です。

拍手[1回]

スピーカー部分を確認しました。
DCCサウンドデコーダーは、MP3サウンドデコーダV5を使っています。

ネジ端子台にDCC信号、モータ信号、スピーカー信号を繋げます。
モーターの代わりにFANをつけましたが(^^; 片方向しか回りませんでしたので、
次の写真では動力車を繋げました。


モータ駆動波形をVVVFに設定して動くことを確認しました。




最初、SP-線をGNDに接続していたので、音が鳴りませんでした・・・
パターンカット2箇所、ストラップ1本で修正。
AMP(TDA7052A)通す方はちょっと考えないとダメですね。






拍手[1回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]