忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2019/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
生基板はこんな感じ。
SUSIコネクタ付けて、AUX7,10,11,12のLED実装。
Servo5,6コネクタ追加
Wheel Sensorコネクタ追加です。


部品載せるとこんな感じ。


電圧切り替えジャンパは半田付けめんどくさいから未実装にしました。
(配布部品には入っています)

組み立てた後・・・早速気に入らない箇所が・・・

拍手[1回]

PR
今年は昨年の積み基板のソフト作るぞっと考えていたのに、基板作っちゃいました。

・ESUデコーダーのAUXロジック出力にトランジスタを付ける基板
・ライトアングルLED基板
・ユーロタイプのフィーダー基板
・SmileWriterの絶縁タイプ
・Smile Decoder Tester LokSoundV5用の機能を盛り込んでみました。



あー、SUSIのコネクタ買ってなかったですね。

拍手[0回]

21MTCとNEM651タイプのデコーダを持っていなかったので、
今まで試せていませんでしたが。
LokSound5 21MTC
LokSound micro 6pin を取り寄せましたので、確認してみました。

LokSound5 21MTC

Servo信号、SUSI信号を引っ張り出しているので、線が多いですが、
一応動きました。
※写真では基板の足はプラネジに変えてあります。
※一部ロットでは六角ナットで配布しているのがありまして、六角ナットの方向によっては
 デコーダーと干渉していました。(六角ナットの方向を調整すれば大丈夫です)

LokSound micro 6pin

青線を+5V端子、緑をAUX1,紫をAUX2に接続し、ジャンパで+5V端子を
PSに供給しています。
※+5Vの表示ですが、LokSound micro の青線からは12Vを供給しています。






拍手[0回]

SmileDecoderTester改版しました
・21MTCのパターン修正
・基板の角を丸くした

購入はこちらで! 今回、5セット用意しました!

Smile Decoder Tester資料


※組み立て例

  













拍手[1回]

新機能をデバックしていただいて、問題点が判明しつつ有ります。

1)NEM652パターン間違い
 なんと、初版から間違っていました。
 反時計回りに配置しないとダメですが、


KiCadのデフォルトの2x4のピンアサインを使っていました。
1pin以外全てだめ;


2)21MTC
ピン配列がKiCadとは違うのはわかっていたんですけど・・・
昼間の仕事で見慣れているモレックス5559シリーズと同じピン配列に
なってしまっています;




これが正しい反時計回りのピン配列。











拍手[0回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]