忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2016/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
なんとなく出来ましたので、詳細を紹介します。

車両アドレスを変更しても車速が変わらないのが、いいですよ!

Webページにまとめました。
http://dcc.client.jp/locoThrottle.html

※開くまで時間がかかる場合があります

動画です。音が悪いですけど、操作の雰囲気がわかればいいかな。
211系はVVVFスケッチ搭載。
E7系はパンタスパークを実装しています。



ソースファイルはこちら

Loconet用なのですが、こういう簡単なスロットルって需要あります?
タカチのケースに入れたら、高いもんになっちゃいますが、基板むき出しであれば、
3000円くらいで作れるかなー。

拍手[2回]

PR
ソースを見やすくする為に、いろいろいじっていた所、Arduinoのコンパイルが終わらない
症状が出ましたので、そのやっつけ方法。

以下の様なメッセージが大量に出て、コンパイルが終わりません・・・

at java.util.regex.Pattern$BranchConn.match(Pattern.java:4568)
at java.util.regex.Pattern$CharProperty.match(Pattern.java:3777)


■切り分けの方法
関数内を#if 0 〜 #endif でくくる、または削除して1関数ごとにコンパイルしてみる。


そうすると、途中でコンパイルが通る様になります。
以下のプログラムに誤りがある様です。あとはにらめっこ。

はい、原因はコレでした。
誤    Serial.println(");
正    Serial.println("");
ダブルクォーテーションが1つしかありませんね。
構文解析の時に、この誤りがうまく検出できずに、はまってしまう様です。
 
Arduinoのコンパイルが終わらない時には、このカキコを思い出してくださいw
・関数内を #if 0 〜 #endif でくくる、または削除する。(バックアップとっておいて削除が簡単)
・ダブルクォーテーションの数があっているか。

拍手[0回]

朝から、アクリル加工とかpogo pin boardとか基板テスターとか色々調べていました。
(他に仕事があるのに・・・(^^;

結論は、elecrowでpogo pin用のBoardを作ったほうが簡単ですね。
今日はFusion360使って、結構ちゃんと作ってみました。
大きさは、25mm x 50mm なので、面付けすれば、100m x 50mm に入ります。
スペーサーは10mm、pogo pinはP50-E3 16.55mmを使ってみました。


真ん中はくりぬいてあるので、そこにSmileFunctionDecoderをはめ込んで、
一番上の基板を重ねて、ネジを閉めれば、全ピン当れるという仕組みです。


機械屋じゃないので(^^; これでうまく行けるかどうかがよくわかりません・・・

この基板を設計すると、
Special Offer For 2 Layer 10*10cm max green PCB - 10pcs
$11ですね。
アクリルで加工するより多分安いね。



あと、こういうクランプがあると便利かー。


拍手[0回]

実装済みSmileFunctionDecoderができましたけど、単体動作確認をやっておかないと、
ちゃんと使えません。
しかし、FunctionDecoderなので、確認しないといけない端子が多く、結構手間なことが
わかりました。
PADには検査用の配線をハンダ付けしたくないので、以下の様な基板検査治具を作らないとダメですね。

機械屋じゃないので、こういう治具って作るの大変そう・・・

趣味で、こういう治具を作っている人っていないよねw

拍手[0回]

ついに、ArduinoアーキテクチャのMP3サウンドデコーダV4の販売開始です。
モーターデコーダとMP3プレイヤーが一つのデコーダーになっていて、
シュガーキューブスピーカー付きで完成品が3800円です!
公開しているプログラム(スケッチ)はファンクションF0からF28とMP3データを
関連付けていますが、プログラム(スケッチ)をいじれば、ESUのデコーダーに
匹敵する(いやそれを上回るかも)サウンド制御ができます。

なごでんさんの紹介ページ

 


拍手[1回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]