忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
以前、スマイラーさんが、ブログで
学問の・・・、いいえ「老眼鏡のすすめ!」
というのを書かれていましたが、いろいろ揃えてみました。
参考に双眼ルーペという題で下調べ編をブログで書かせてもらいました。

■リーディンググラス
JINSの5000円のやつ。クーポンを駆使して、3780円でげっと。
+2.0度 で焦点距離30〜40cmかな。ブルーライト対応。おしゃれ(^^
パソコンの画面はぼやけて見えません。メガネかけたまま歩けません。
SMTのハンダ付けする時に結構使っています。
仕事でも、A2の図面をA4サイズに印刷した時に、定数が見えないので使っています。
明るい所なら、2012(0805)の抵抗値なら読めます。


■ダイソーの老眼鏡
100円ケース付き。
+2.0度 で焦点距離30〜40cmかな。
なんら問題ありません(^^; ルーペとしてしっかり役に立ちます。
でも、ちゃっちい。


■サージカルルーペ
ebayで買いました。5000円。
3.5倍で焦点距離30〜40cmかな。
5/6に発注して、6/25に届きました。おっそ。
3.5X 420mm Dental LED Headlight Lamp+ Dental Surgical Medical Binocular Loupe

あれ、ebayに載っていた写真とちょっとちがうな(レンズ部分が白だったのが、黒に・・・まぁいいや)
明るい所なら、2012(0805)の抵抗値なら読めます。
LEDライト使うと光が強すぎて、基板が反射して見づらいw
ルーペを持たなくていいので、今後SMTのハンダ付けが楽になります。


立派なアルミケースに入っています。
あ、ebayの写真では紙の箱だったのに、アルミケースに入ってきたとはラッキー!




LEDライト用充電器のコンセントが合いません(^^; どこの国のコンセントやら。
ダイソーに変換器あったかな。


■ルーペ
10倍なのかな。
アマゾンで購入。
1608(0603)、2012(0805)の抵抗値を見るのと、SMTハンダブリッチ確認に
使っています。
結局、細かい抵抗値を見るにはルーペ使って、目の前まで持ってこないと読めませんでした。


拍手[0回]

PR
Smile Decoder Tester とは、DCC用デコーダのテスト用基板です。
おまけの機能として(^^;
Smile Writerも実装されています。

写真ではSmile Connectorが1個未実装、モーター未実装、AMP用コンデンサ未実装
ブレッドボード欠品、10pinネジ端子が欠品です。







関東暑いです!
年末に切って、伸ばし放題でしたので、今日は美容院で9mmのバリカンで刈っちゃってください
と注文して、バッサリ行きました。すっきりしました。

明日、機能を確認しようと思います。

拍手[0回]

お久しぶりです。
山の修行から一時帰ってきました。
昨日まではエアコンの暖房を入れないと寒かったのですが、さすが関東。暑いです・・・

家には中国から仕入れた部品たちが届いていました。
これから開けてみます。



すみません、山にやり残したことがあって、月曜日から山の修行に行ってきます(^^;


拍手[2回]

いつもはElecrowで基板作っていますが、今回はFusionPCBで作ってみます。
5/24〜1ヶ月間、山に修行に行くため何にもできなくなってしまいますので、
土日で頑張ってデータ作りました(^^;



KiCadでガーバーデータを作って、FusionPCBにて発注するまでを、
Webページにまとめました。

拍手[1回]

名前をSmileDecoderTesterにしました。

モータードライバICを載せるとデコーダー開発ボードも作れるなーと
思いましたが、さすがに盛り込みすぎと思いやめました。
合っているかわからないのですが、モーターのFWD/REVのLEDはちゃんと点灯するでしょうか?
(実験せいってw)
あ、 DCCアライアンスのシルクがなくなっている!


半田面


部品面


ベタアースはSmileWriter部のみにしました。


回路図はここ

さて、基板設計は、10cm x 10cm のサイズでも$4.9のseeed Fusion PCBで作っちゃおうかな
と考えています。
Fusion PCBサイト。日本語化されています。


Fusion PCBの設計ルールはココ。どこに載っているのか分かりにくいんですよね。
fusion-pcb-specification


■追記
 DCC アライアンスのロゴと、KiCadロゴを追加。


裏は痛仕様にw


拍手[1回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]