忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2019/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
21MTCとNEM651タイプのデコーダを持っていなかったので、
今まで試せていませんでしたが。
LokSound5 21MTC
LokSound micro 6pin を取り寄せましたので、確認してみました。

LokSound5 21MTC

Servo信号、SUSI信号を引っ張り出しているので、線が多いですが、
一応動きました。
※写真では基板の足はプラネジに変えてあります。
※一部ロットでは六角ナットで配布しているのがありまして、六角ナットの方向によっては
 デコーダーと干渉していました。(六角ナットの方向を調整すれば大丈夫です)

LokSound micro 6pin

青線を+5V端子、緑をAUX1,紫をAUX2に接続し、ジャンパで+5V端子を
PSに供給しています。
※+5Vの表示ですが、LokSound micro の青線からは12Vを供給しています。






拍手[0回]

PR
塗装編
※すみません、今回もツイッターであげた画像を引用します。
(このブログの無料で扱える容量が残りわずかなので(^^;



近所のDIYショップでアサヒペンのメタルプライマーとラッカースプレーを
買ってきました。
https://twitter.com/masashi_214/status/1107287749269151744
安いアクリルにしようか悩みましたが、メタルプライマーの説明書は
上塗りはラッカーみたいな文言がありましたので、ラッカースプレーを購入しました。


前処理
https://twitter.com/masashi_214/status/1108303520145379329
随分前に作ったので、サビや汚れてしまっていますので、サンポールで
サビ、汚れを溶かして、ジフで磨きました。

サンポール漬け。ちょっと熱いお湯で2倍に希釈。
https://twitter.com/masashi_214/status/1108363452429459457
※瓶は100均一製なので、熱湯を入れると割れてしまうので注意。

水攻め。(本当は中和させたほうがよかった?)
https://twitter.com/masashi_214/status/1108400351202304001

ジフで磨いてピカピカに。
https://twitter.com/masashi_214/status/1108488114824085505


塗装場所をダンボールで制作。
https://twitter.com/masashi_214/status/1109627575259656193
室内でないので、箱にする必要が全くなかった。

プライマー吹いて
https://twitter.com/masashi_214/status/1109638677112619008

黄色吹いて
https://twitter.com/masashi_214/status/1109643702320812032

黒色吹いて
https://twitter.com/masashi_214/status/1109645173615529984

完成
https://twitter.com/masashi_214/status/1109662397147611136


仮組み!
遠目で見るといい感じ。
近くで見ると・・・
https://twitter.com/masashi_214/status/1109768843914690560


塗装振り返り。
https://twitter.com/masashi_214/status/1109815610135863296




拍手[1回]

自分用に考えていますが、プログラム書き込み→DCCで試運転→プログラム書き込み→DCCで試運転
という作業が数回続くと、ライターから外したり付けたりがめんどくさくなります。
PCに繋ぎっぱなしでDCC電圧を掛けると最悪PCを壊してしまう場合もあります。

そこで、ライター部とデコーダ部分を絶縁。
ついでに、デコーダからのシリアル出力を絶縁してPCで取り込める開発用Smile Writerを
妄想しました。




Smile Connector は Normal と Slim の2スロット装備



拍手[0回]

ESUのデコーダ端子にAUX端子なんだけど、ロジック出力(LEDがドライブできない)
があり使えなかったのですが、
デジタルトランジスタを実装した基板を妄想してみました。

LEDの電流制限抵抗は、抵抗つけても良いし、定電流ダイオードをつけても良い感じにしました。
大きさも、15mm x 10mm となるべく小さく検討。









拍手[0回]

LokSound5の21MTCのタイプは5番pinが AUX12 / SUSI CLK / Servo6 が割り当てられています。
その設定を変更する事で、サーボモータが動かせます。


6番pinもServo5が割り当てられていますので、最大2個のサーボモータが接続できます。

Smile Decoder Testerを改造してサーボモータ用の配線を追加します。
https://twitter.com/masashi_214/status/1108588762714365952
(ツイッター参照

デコーダーの設定はこんな感じ。
https://twitter.com/masashi_214/status/1108592288119181312
(ツイッター参照

オシロスコープで波形を観測
https://twitter.com/masashi_214/status/1108593922584924160
(ツイッター参照

サーボモータ実験セット
https://twitter.com/masashi_214/status/1108594855943364609
(ツイッター参照

動画
https://twitter.com/masashi_214/status/1108595726878048257


LokSound5 21MTC サウンドデコーダは高機能ですねぇ。と感心。

拍手[0回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]