忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/08    07«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
ファンクッションの表示位置が気持ち悪かったので、一番下の列にデザイン
し直しました。

あと、速度設定画面で、つまみをクリックすると、非常停止になっていたのですが、
つまみを長押しで非常停止にしました。

■速度設定画面
 つまみ:クリック →アドレス設定画面に遷移
    :ダブルクリック →Forward/Reverse切り替え
    :長押し →非常停止

拍手[2回]

PR
KiCadで作ったデータを使って、Elecrowのレーザーカットサービスを利用して作った
アクリルカバーが届きました!綺麗にカットされていました。
上面は、クリア、背面は白を使いました。
発送はOCSを使いました。早いです!。
7/28 にアクリル表と裏の2種類。10cm×10cmの基板を同時発注して8/3に届きました。

いつもの青い袋です!途中の写真はありませんが、ダンボール箱に入っています。


表用のパネルと背面用のパネル。
保護シールがしっかりくっついていて、剥がしにくいですね。


表〜
良い感じです。
ちょっとタクトスイッチの穴は気持ち大きすぎたかな。


裏。
真っ白です。


手に持った感じ。


側面が空いているのが気になっちゃいますね。
組み木方式で作れなくはなさそうですが、設計がめんどくさい。

拍手[3回]

5月にDCC部分のコーディング&実験をした以来、久しぶりにスケッチをいじりましたw


ちょっと足したら、フラッシュメモリを使い切ってしまったので、
DCC部分のコードは削除しました。

現在、使えるファンクッションキーを速度画面に表示するようにしました。
(表示位置とか、やっつけ感満載)
SHIFTキーをクリックすると、F0 F1 F2 F3 F4 →F0 F5 F6 F7 F8→F0 F9 F10 F11 F12→F0 F13 F14 F15 F16 と切り替わります。
前のバージョンはSHIFTキーを押してファンクッション画面を表示させてその画面で
ファンクッションの設定を行っていましたが、操作しづらいのでこの方法に変更してみました。



それとテスト画面。
LEDのテストとロータリーエンコーダ、ボタンの動作確認ができます。



初期アドレス記録
アドレス設定画面で F1/F5 ボタンを押すと、EEPROMにアドレスが記録され、次回
起動時にそのアドレスになります。

立ち上げ直後のアドレス設定が変な画面遷移になっていたので、修正しました。




拍手[1回]

Elecrowのレーザーカットサービス用のESPデータを作ってみました。

方法は、
KiCadでアクリルカット用データ作成→SVGでエクスポート
InkscapeでSVGファイルを開き、→ESPでエクスポート
で作ってみました。
-------
前に作ったこいつですが、基板剥き出しの半田面は部品面のリード等が出ていて
手に持って使うのには難があります(^^;



ちょっと前に、KiCadのデータからDXFファイルを書き出して作ろうと試みましたが、
MacでDXFが扱える良さげなものがなかったので断念していました(^^;
線も二重になってしまうし・・・

Elecrowさんの、アクリルレーザーカッティングサービスのWebページをみると、
EPSファイルでもいけるようなので、試してみました。

まずは、KiCadでEco1.Userレイヤーにアクリル用の図面を作成します。

製造ファイル出力で、出力フォーマットをSVGファイルにしてデータを出力します。


出力されたSVGファイルをInkscapeに読み込ませて


拡張子をEPSに変更して


オプションは、デフォルトのまま出力して、EPSファイルが完成しました。


同じように、背面側も作ってみました。


続く・・・

拍手[1回]

連休中はみみずのゲームを朝から晩まで遊んでいて廃人状態です。

さて、ミント缶のスケッチをlocoNet/DCC Throttleに一部実装してみました。
課題はありますが、ミント缶のスケッチの作りが良くて簡単に組み込めました。

実験環境
DCC速度計はDCCアナライザとして DCCパケットを観測しています。
車両はローラー台車に載せています。


成果
・線路電圧のON/OFF、ノブによる速度可変、FWD/REVの切り替えはできました。

課題
・DCC波形を連続して出力できません
・Flashの空きがありません。
・線路電源 On/Offさせるスイッチが別途あると便利。
 (現状はSHIFTキーの長押しでON/OFFさせています)

DCC信号
こんな25msもDCC信号を出さな期間があるなんてダメでしょう(^^;


フラッシュの残りが850バイトしかありません(^^;

DCC信号の立ち上がりと立ち下がり波形。この段差は?






■追加
ゲート波形、ハイサイドとローサイドを観察
リンギングがちょっとありますね。



ノブを触る前は3msの間隔が開きますが、そこそこ定期的に出力されていました。


ノブを操作すると25msの間隔が開いてしまうので、この変化点で調べてみよう。



みみずのゲームのベストスコアは24115です(^_^)

拍手[1回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]