忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
今日はアベノミクス効果で出勤したら残業オーバーになってしまうので、お休みです。

DS19x4ssに迫る小型のファンクッションデコーダーが作れないかなと検討
http://www.snjpn.com/ngdcc/df19/df19x4ss.htm

Attiny85はQFP
ダイオードスタックもNSR1030という3mm x 3mm の小型タイプ
http://www.onsemi.jp/PowerSolutions/document/NSR1030QMU-D.PDF


トマラン回路とか、電流制限抵抗は載りそうに無いので外しました。


でかいなー。
ダイオードスタックとか、もっと小さいのを使わないとダメですね。
ちなみに、Smileコネクタは 1.25mmピッチのPADになっています。

10/11追記
スマイルコネクタとファンクッションデコーダーの端子はNEM651相当にしています。




拍手[2回]

PR
小田急線の1000形はヘッドライト点灯時エフェクト、
5000形は主灯ハイビーム、主灯暗+副灯暗というのを作ってみました。

 
マイクロエースさんの商品紹介を使わせてもらいました。



車両に組み込んだわけでなく、デコーダーテスターを使っているので、
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、動画を作りました。



拍手[1回]


SmileFunctionDecoderLightの基板の厚さは0.8mmなので、スマイルコネクタに
実装できません。
で、スマイルコネクタ部にハンダを盛って板厚を1.6mmまで増やします。
※写真の様に両面にハンダを盛り、ノギスで測定すると1.6mmになっていました。


自分用のデコーダーテストボードのAUXの色はすべて緑でしたので
ヘッドライト・テールライトとして使える様にLEDを載せ替え。
室内灯の調光と、ヘッドライトの調光ができるスケッチを作りました(^_^)


週末にランダム、マーズ、フラッシュ、蛍光灯・・・etcの効果を組み込んで
行きます。

拍手[1回]

SmileFunctionDecoderLightとは?
DCC用のファンクッションデコーダーで、室内灯に特化したデコーダーです。
4FXなので、室内灯・パンタスパーク・ヘッドライト・テールライトにも使えます。

板厚0.8mmで作りましたので、SmileWriterに刺せないので、
すみません、余っていたSmileDecoder1枚使わせてもらいました。
ちょうどスルーホールに全信号繋がっていたので、便利でした。


まずは、DCC信号を入れて、+12Vと+5Vが作られることを確認します。
緊張します。


黄色12V,水色5V(12Vが低いのは使用しているACアダプタの電圧が低いからです)


5Vはノイズが目立ちますが気にしない。


直視すると目に黒く残像が残る眩しさw


抵抗がアッチッチなので、何だろうと思ったら、電流制限抵抗を本来1kΩにする所を
150Ωになっていました。(BOMが150Ωでした・・・)


電流制限抵抗を1kΩに変更して、ホワイトLEDと、ウオームホワイトLED
2種類作りました。
イイ感じですね!

現状のスケッチはパンタスパークをベースにして、室内灯、その他2chのLEDを
制御できるスケッチを作ってみました(^_^)
室内灯は調光ができるポートを使っているのでが確認はこれから。

【追記】
3個目、4個目、ブート書き込み、スケッチ書き込みがうまく行っても、全く動きません。
こういう時は、うまく動いている1個目、2個目を振り返って変化点を考えます。
そしたら・・・最初は Atomノートブックでブートを書き込んでいました。
スケッチはMacでコンパイル・書き込みをしていました。

3個目以降Macでブートを書き込んでいたのが変化点でした。
夕方以降、デコーダーが動かない現象で悩んでいました。

Atomノートブックでブートを書き込み、Macでスケッチを書き込んだところ、動きました(^_^)

拍手[2回]

せっかく、パターン引っ張ったのでもったいないなと思って、作っちゃいました。
Elecrow の PCBアセンブリサービスを利用しました。

LEDが未実装なので買って半田付けする必要があります・・・
おまけの生基板1枚と、実験用に入れてもらった10V47uFのタンタルコンデンサ。


高さ8mm x 長さ140mmです。


端子は金メッキですw


上に乗っかているのは両面に部品が実装されているSmileFunctionDecoderです
SmileFunstionDecoderLightは基板厚さを0.8mmにして、ATtiny85も
QFNパッケージの為すごく薄いデコーダができました。



無理やりSmileWriterに差し込んで、とりあえず、ブートは書き込めました。



拍手[3回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]