忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2019/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
Isolataion Smile Writerを作りましたのでちょっと紹介。
スマイルデコーダの開発はArduino IDEでプログラム(スケッチ)を作成して、
Smile Writerを使ってデコーダにプログラム(スケッチ)を書き込みます。

DCCにつなげる時は、Smile Writerからデコーダを外して動作確認を行います。

この時、SmileWriterからデコーダを外さずにDCC信号を入れると、予期せぬ電圧がかかったり
した場合、パソコンのUSBポートからDCC電圧が入り込み故障させてしまう事例があります。

そこで、パソコンとDCC信号を絶縁させたIsolation Smile Writerを作りました。
ついでに、コンソールデバックポートも用意して、且つシリアル通信も絶縁させました。


ブロック図はこんな感じ

基板はちょっと失敗しちゃって、大改造(^^;




このように接続して使用します。



ちょっとわかりづらいですが、Smile servo motor DecoderをSmile Connectorに
実装していまして、この状態でスケッチ書き換え、シリアルデバック、
する環境ができています!(便利!)



パソコン側は、ArduinoIDEとシリアルデバック用のTeraTermを開いて使用します。

このIsolation Smile Writerがあれば、安心してデコーダ開発ができるようになりました。

拍手[2回]

PR
自分用に考えていますが、プログラム書き込み→DCCで試運転→プログラム書き込み→DCCで試運転
という作業が数回続くと、ライターから外したり付けたりがめんどくさくなります。
PCに繋ぎっぱなしでDCC電圧を掛けると最悪PCを壊してしまう場合もあります。

そこで、ライター部とデコーダ部分を絶縁。
ついでに、デコーダからのシリアル出力を絶縁してPCで取り込める開発用Smile Writerを
妄想しました。




Smile Connector は Normal と Slim の2スロット装備



拍手[0回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
| HOME
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]