忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/07    06«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
※やっつけ記事なので、色々と適当です・・・

ちょっと分かりにくいですけど、φ0.5の光ファイバーを瞬間接着剤で固定して、
車内まで引き込んでいます。
カーボンロッドを使うと強度とかも良さそうですが、見た目重視の為、
光ファイバーを使いました(強度が無いんだけどね・・・)



そして、サーボモーターを収める為に、車両を刻みますw
ホットナイフが欲しいですね。


くり抜きました。


こんな感じに収まる予定。
この後、0度でパンタ下限、90度でパンタ上限を実現させるには、下の写真の
位置では都合が悪いので、上側に移動させる為に、さらに刻みました。



サーボホーンの穴に光ファイバーを通してダイソーで買ってきた
エポキシ接着剤で固定します。

※ツナ缶は、ゴミ入れですw(以外と便利)

サーボモーターはダイソーで売っていたクールガン(ポリガン)で
固定しました。


HK-5320を5個仕入れましたので、人柱用に配布しようかなと。


最初、F4 OFF時に0deg、F4 ON時に90degの設定で動かしてますが、
途中エポキシ接着剤がはがれましたw
次のDCS50Kで何をやっているかと言いますと、
CV62はON時の角度なので、50deg、CV63はOFF時の角度なので、9degに
設定します。(後日動画を撮り直します)


動画撮る前に、上下の角度を9deg,50degに調整していい感じに昇降ができていたのですが、
動画を撮る為に、デフォルトの0deg,90degに設定して撮影したところ、無理掛かって
接着剤が外れましたw

ちなみに、デコーダーにトルクがかかると、「み゛ー」とサーボから音がし出して、
かなり電流が流れるようで、3端子レギュレータがものすごく熱くなります。
「み゛ー」と鳴らないように、CV62と63を使って角度を調整してあげます。

車体を刻めば、HK-5320が入り、Nゲージでもパンタグラフを昇降させるギミックの
実装が可能です。

拍手[0回]

PR

無題

サーボは電流消費は凄まじいです。私は大容量のレギュレータにして放熱対策、あとはコンデンサも大きめのを入れてます。
安定動作のためには、電源供給用デコーダみたいのが必要そうですね。
本物の電車も動力電源以外に、補助電源(SIV)で同じ状況です…。
by Yaasan 2016/10/29(Sat)08:20:40 編集

無題

コメントありがとうございます。
Nの車両に実装して、ガシガシ動かさない前提なら、ホビーユースという事で、サーボモーターを唸らせないようにチューニングして使う方針でも
いいかなと思いました
取り急ぎ、DCC電源入れた後、PWM発生方法に問題があり、急にサーボモータが動いてしまうので、
その対策が必要です。
by あやのすけ 2016/10/29(Sat)22:26:46 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]