忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2017/07    06«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
IMA ADPCM仕様書と、実際のデータの並びが解せ無いのですが、
現物データ合わせで、ブロック処理を追加したところ、ぷちぷちが無くなりました(^^

http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ima_adpcm.html

下の方を見るとβ4のスケッチがダウンロードできます。
(相変わらず、ソースはめちゃくちゃですw)

関数 byte readSoundRom(uint8_t inNo, uint16_t inOffset) 内の

  return pgm_read_byte(&E233_break1_data[inOffset]);
//return pgm_read_byte(&sin_data[inOffset]); // 11/9 

コメントを外してサイン波と入れ替えるとわかるのですが、再生するとプツプツしているので、
割り込み関数 ISR(TIMER1_COMPA_vect) 内でブロック処理を入れているので、 
ちょっと時間がかかりすぎているのかなーと思います。



デコーダ開発ボードを使用して、IMA ADPCM をデコードした8bit PCMデータをグラフ化しました。
振幅の変動はありますが(これはIMA ADPCMエンコーダの特性?)、きれいになりました。

拍手[0回]

PR

無題

当方でも問題なく動きました!実は私も裏で実装していましたが、あやのすけさんの方が早かったので、さっさと諦めました。
プツプツ音は、ADPCMの仕組み上、出やすいようです。処理の遅さではないと思います(遅いと音階が変わるはず)。16bitのままうまく再生できるようにするとか、フィルタなどを入れれば軽減されるとは思いますが・・・。
by やあさん URL 2015/11/10(Tue)06:15:41 編集

無題

動作確認ありがとうございます。
デコーダ部分は8bit化でも良いかなと。
あと、途中で挫折したフジガヤさんの
サウンドスケッチをIMA ADPCM化したり、まだ遊べそうw
by あやのすけ 2015/11/10(Tue)06:48:24 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]