忍者ブログ

あやの

NゲージをベースとしたDCCについての日記を 書いています。 ある程度貯まりましたら、鉄道模型のDCCのまとめサイトに まとめています。 DCC館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/ DCC2号館 http://dcc.client.jp/

2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
赤丸の部分をハンダ等でブリッジさせます。


今回もNGDCCさんのDF19x4ssに両極性変換基板を接続してライトユニット に
接続しました。
両極性化基板には、+24Vとヘッドライトとテールライトの配線だけ
接続しています。


ヘッドライト点灯しました。

テールライト点灯しました。


ライトユニット への配線は従来の4本から、2本に減ります。

拍手[1回]

PR
というわけで、両極性化基板取扱説明書作りました。
日本語がおかしいですがとりあえずw










拍手[0回]

タイトル長w
先頭車両のライト基板を無改造で片極性デコーダーにつなげちゃおうという
例の基板が出来上がりました。

前回までの記事はこちら

できた基板はこんな感じです。大きさの参考としてFL12を載せました。


試しに5枚実装。
ROHMのUMA1NTRの実装がつらい;
定電流ダイオードとショットキバリアダイオードはちょっと奮発して
表面実装タイプを買ってきました。


ライナーから切り離して、ちょっとバリをヤスって完成です。


久しぶりにサージカルルーペを使いましたw


デコーダーテスターの端っこはヘッドライトとテールライトを想定した
両極型なので、NGDCCさんの DF19x4ss に両極性変換基板を接続して
Forwardでヘッドライト点灯


Recerseでテールライト点灯


というわけで、上手く動きました!

車両をDCC化する際にどうしてもライトユニットの改造が必要でしたが、
この基板を使うと無改造で片極性デコーダーを接続できます。

●FL12との比較。両極性化基板は7mm x 7mm と非常に小型です。



一方(^^;
両極性化基板の作りにくい事w
PADが小さくて配線しづらい
自分も作りたくないから(^^; キットとして配布しようかな。


拍手[2回]

まだやっていました(^^;
基板を妄想してみました。

KATOのライトユニット用ですが、ライトユニット未改造で両極性タイプで無い
デコーダーに接続するための変換基板です。

GMは外付け抵抗1個必要です。









拍手[0回]

KATO南武線に入っていたライトユニット をDF19x4ssに接続してみます。
おー理論通り動きました!。
ライトユニット のダイオード2個撤去、ストラップ3本必要なのであれですけど、
片極性タイプのデコーダーでも両極性として使えることがわかりました。



でも、KATOのライトユニット はヘッドライト、テールライトが別回路でできているので、
+12VをLEDのアノードに、 FX0,FX1をそれぞれのLEDに繋ぐだけです(^^;;
こんな変な改造は不要です。(ダイオード取らなくてもいいし)
一方、LED2個、抵抗1個実装されているタイプは有効です。

以下、実験編w

気になっていたダイオードですが、Vfを測定すると0.551V


一方LEDのVfを測定するとテスターのダイオード測定モードでは測れなかったので、
実際12Vを印加して光らせました。
Vfは2.938V高いですね。


よって、Vfの低いダイオードに電流が流れてしまいLEDが光らないので、
撤去します。

2個外しました。(白っぽいのはコクヨのひっつきむしです。第三の手ですw)



3本ポリウレタン銅線を使って引き出します。


LEDを並列に繋ぐストラップ2本と、560Ω両方に12Vを供給するストラップ1本を
下降します。


仮なので、ブレッドボードを使って接続しました。


車両実装時は金メッキ部分はカプトンテープ等で絶縁が必要です。

もう一方の、PNP型のデジタルトランジスタ+定電流ダイオードで試す方は
某所で実験してくれるそうなので、その結果を待ちます(^^;
(手持ちに定電流ダイオードがなかったので実験中にデコーダー壊すのも嫌だなとw)

拍手[1回]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あやのすけ
性別:
非公開
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- あやの --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]